ハーフトラックプロダクツ

『USUAL THINGS』
いつものこと、だけど僕らにとってはいつもじゃない。特別なこと。

HALF TRACK PRODUCTS(ハーフトラックプロダクツ)、tempra cycle(テンプラサイクル)、Barliquors(バーリカーズ)によるポップアップイベントにお越しいただいたすべてのお客様へ、ありがとうございました。

ハーフトラックプロダクツ ハーフトラックプロダクツ

昨年から何度も開催のタイミングを考えてるうちに、あれよあれよと時間だけが経ってしまい早一年。今回ようやく開催することができた。

ハーフトラックプロダクツのユウマくんは、まだ神宮前にテンプラガレージがあった頃から5年ほどの付き合い。最初から立場も年齢も関係なく話をしてくれるとてもフラットな人だった。お酒を飲むといろいろ忘れるところとか(初めて会ったとき、次の日には会ったことを忘れてた)、ダメなことはダメと言えるところとかとても優しいところとか。遠く離れた同い年の彼はなんだかいろいろと違ったものを持っていた。

何年か前からユウマはふらっと名古屋へ来ることがあった。
それは、ただ単に美味しいもの食べたいとかちょっとフラフラしたいとかその程度のことだったんだけど、名古屋の人とはまた違う視点で物事を見ているユウマがどんな話をするのか毎回興味深かった。
辛口なことを口にするけれど、決して突き放すこともない。いつも愛情と優しさがある。(毒もいっぱいあるけど)

自分はいつの頃からかハーフトラックのアイテムのイラストを頼まれるようになった。まだ絵を描く仕事なんか全然したことない自分に。きっとあんまり深く考えたわけではないんだろうけど、自分にとっては大きなきっかけになったことには変わりない。
タンブルウィードをオープンしたときには記念にウェットカバーを作ってくれた。ウェットカバーはやがてモデルチェンジをして機能性が高くなり、さらにアイデアを膨らませて今回のポットカバーに至った。ユウマの発想力を僕は天才的だなーと思ってるんだけど、本人はいたって凡才という。誰もが思いつきそうでできないこと、唯一無二のハーフトラックのアイテムの魅力はいつもそこにある。
今回のポットカバーもボクは単純に植物を飾るために作ってもらったけれど、ユウマは作りながらきっと違うことも思いついてたんだろうな。

テンプラの健太さんは数年前CLASKAのブライダルフェアの時に屋上で開催したアウトドアのフリーマーケットで会ったのが最初。ボクは本業のブライダルのお仕事でCLASKAに行ってたんだけれど、このときのメンツはいま思えばすごい人たちばかり。数々のイベントや人を介してようやく健太さんの元に辿りついて、今回名古屋でテンプラの商品を手にとってもらえる機会ができた。

ベビーアーマー

みちくさやタンブルウィードに来る夫婦や家族、これから結婚する子たちにいつかぜったい見せたいなーと思っていたテンプラのベビーカー「MILL STROLLER(ミルストローラー)」や抱っこ紐「BABY ARMOR(ベビーアーマー)」。
自分が結婚式の仕事をはじめたときと一緒の感覚。馴染みがない業界(フィールド)にも、自分や周りの人たちに共感してもらえるものがぜったいにある、ぜったいに作れる。テンプラにもそれがあった。


台風が近づいていた日曜日、頼りになる僕らのカントクが店番をしてくれて、そのときに売れたこの一台。
買ってくれた方は、昨年みちくさで結婚式のお手伝いをさせてもらったKさん。
そのときはブライダルフェアに来てもらったりペーパーアイテムのお手伝いをさせてもらったり。今年は生まれたお子さんのベビーカーをこのタイミングで買ってもらえた。
なんていうか言い表せない、いま自分たちがやっている「アトリエみちくさ」も「タンブルウィード」も「みちくさウェディング」も、一家族の中でこんな風に関わり続けることができるんだってことがたまらなく嬉しかった。あれもこれもやってる自分も決して間違いではない、と思えた瞬間だった。

tumbleweed

いつも本当に感謝してるカントク。今回も完璧なアシスト、サポートありがと。

バリカンズ レモンサワーグラス バリカンズ ビアグラス

バーリカーズから届いたレモンサワーグラスもビアグラスも早々に売り切れてしまった。これまで缶でしかビール飲んだことない人がこぞって手に取る。買えなかった皆さま、申し訳なかったです。次は準備万端で岡&ゴリによる具合の良いレモンサワーを提供したいと思ってるので、お楽しみに。

今回のイベントは急遽開催が決まったことや期間もわずかだったにも関わらず、あちこちからお店に駆けつけてくれた方が多くて本当によかった。感謝。”お店”って楽しいということを改めて認識した5日間だった。波が荒いタンブルウィードですがこれからも楽しいイベントを企画するので待っててください。ありがとうございました〜。

健太さん、ユウマ、ありがとう。