蒲郡にある喫茶hirayaのスペースを使って定期的に開催される人情酒場「TEKIYA BROTHERS」

同イベントのアートワークを手がける傍ら何度か賑やかしとして物販で参加してきましたが、前回から正式に”中の人”として活動することに。11回目を迎えた今回は、お客さんのお題にその場でタイポを書いて缶バッジを作るということをやってきました。

前回は、私の別名義『産業革命』として黙々とライブペインティングを行いましたが、今回はお客さん向け。

19世紀後半から突如現れた資本主義的生産様式人”産業革命”による前回の非生産的作品制作風景

その場のお題をローマ字、ひらがな、漢字、全部解体して組み立て直していくのはやっぱり面白いです。下絵を書かずフリーハンドで描くのは緊張感があって、非常に良いトレーニングになりました。

次回は、ソーシャルタワーマーケット2017でやろうと思います。